エステサロンでよくある3つのトラブルと事前対策

エステサロンでよくある3つのトラブルと事前対策


エステサロンに通ったはいいけど、思わぬトラブル・面倒くさいトラブルが発生した。そんなときはどのように対処すれば良いのでしょうか。カウンセリングでは積極的に質問をして疑問解消をした。エステティシャンの説明に納得をしたうえでサインをした。

それであってもトラブルに合われる方は実際にいます。ここでは、エステサロンでよくあるトラブルケースと事前の対策方法について紹介します。

トラブル1. 肌の状態が悪化

エステサロンの脱毛では主に光脱毛(フラッシュ脱毛)を利用して施術を行います。この光脱毛は、カメラのフラッシュのような光を照射していくことで毛が抜け落ちる仕組み。以前の脱毛方法(針脱毛とかニードル脱毛とか)と比べるとトラブルは激減しています。また「お肌が敏感で肌トラブルが心配な人は光脱毛を! 」と言われているくらい、皮膚に優しい脱毛方法であったりします。

とはいえ、肌トラブルが起きることも当然あります。トラブルの原因となるのは、
・肌の状態が悪いときに施術を受ける
・カミソリ処理をした直後
・脱毛機器の照射(出力)レベルが強すぎる

など。このような状態で脱毛施術を受けてしまうと、いつもより痛みを感じ肌に大きなダメージが加わることで、肌状態が悪化します。合わせて、生理中・日焼け直後のときは脱毛自体受けることができないため覚えておきましょう。

施術前のカウンセリングで肌状態を伝える!

脱毛施術が終わって肌のトラブルが起きないようにするにはどうすればいいのか。脱毛当日までに肌の状態を整えておくというのは大前提として、施術前のカウンセリングでスタッフに肌の状態を伝えておきましょう。「◯◯前にカミソリ処理をして少しヒリヒリしますが大丈夫でしょうか?」など、具体的にいつ、何を行い、どのような状態なのかを伝えると良いですよ。

万が一のときは慌てずサロンへ電話

脱毛が終わり自宅へ帰ってしばらく時間がたつと、万が一で肌荒れや顔が真っ赤になることもあるかもしれません。その際には、すぐにサロンへ電話を入れましょう。医療クリニックと提携をしている脱毛サロンがほとんどで対応をしてくれるため、慌てる心配はありません。

トラブル2. しつこい勧誘

最近では以前と比べるとしつこい勧誘をするエステサロンは減ってきました。とは言うものの、今でもしつこい勧誘をしているサロンは存在しています。公式サイトに「勧誘なし」と書かれている場合も実際に足を運ぶとコース回数を増やす、化粧品などをすすめてくる場合があります。

どこからが勧誘と思うかはサロンのスタッフによっても違い、どこからが勧誘と感じるかというのも受ける人によって大きく違います。多少のコース案内についてはどこのサロンでもあるため、あまり過敏になりすぎないよう念頭に置いておきましょう。

断る理由を事前に準備しておこう

勧誘をされても事前に断る理由を用意しておけば困ることはありません。ハッキリと「結構です」と言える方であればそれだけで何も問題はありません。

しかしなかにはハッキリと言えない人がいます。そんなときは、「◯◯時から外せない予定があって時間がない」「予算を◯◯円までと決めているため無理」などこれを言えばスタッフが引き下がってくれるというネタを準備しておきましょう。

トラブル3. 予約日

予約日に急な予定が入るなどで、変更やキャンセルを行うことは仕方がないこと。サロン側もキャンセルや変更となる可能性があることは理解しています。問題なのは連絡することを忘れていたなどにより、予約日の時間を過ぎても連絡がないことです。

他に予約を入れている人もいるため店側に影響が出てきます。サロンによっては当日キャンセル料が発生したり、混んでいるサロンの場合は予約が◯ヶ月先となることもあります。

行けないと分かった時点で連絡を

予約日・予約時間に行けないとわかった時点で予約のキャンセルや変更の連絡を入れるようにしましょう。「後で連絡をする」と思っていても、仕事などに追われてしまうと意外と忘れてしまっているものです。予約の変更・キャンセルはお早めに。

まとめ

エステサロンでよくあるトラブルと、事前にやるべき対策について見てきました。想定されるトラブルを知り、事前対策をとっておくことで、ある程度トラブルは回避できます。せっかくキレイを目指してサロンへ通うのに、トラブルに見舞われるなんてイヤですよね。サロンを把握して事前対策をしっかりとっておきましょう。

投稿者:

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

エステサロンで脱毛を受けて、キレイになりたいと思われている女性の方に有益な情報をお届けします。