自己処理で「毛抜き」はヤメて!考えられる肌への影響

自己処理で「毛抜き」はヤメて!考えられる肌への影響


ムダ毛処理の方法として毛抜きを使われている方は多くいると思います。毛抜きで処理をすると、カミソリで剃ったときよりも、次に生えてくる毛のスピードが遅いため「毛抜き処理が良い!」と勘違いをしてしまうのです。

しかし自己処理のなかでも毛抜きによるトラブルはとくに多いとされています。未来の肌をキレイに保つためにも、こちらで毛抜きによる肌への影響を確認しておきませんか?

毛と一緒に皮膚の一部を引きちぎり、傷つけている

「皮膚を引きちぎっている」と聞くと何だか大げさな感じがしますが、毛抜きで抜いた毛には一緒に皮膚も付いてきます。毛と一緒に引っ張られる皮膚がちぎれることによって、どのようなことが考えられるのでしょうか?下記で考えられる影響についてみていきましょう。

「細菌感染」をする可能性がある

毛抜きで処理をする際には、できるだけ毛が生えている方向と同じ方向に毛を抜けば痛みや肌への負担が少なくて良いと言われたりもしていますが、キレイな肌を保ちたいのであれば、痛みや肌への負担が少なくても毛抜き処理はおすすめできません。

前述でも説明をしたように、毛抜きを使うと皮膚・毛穴を傷つけてしまいます。傷ついた毛穴から細菌が入り、周辺が赤く腫れる、ひどい場合には出血を伴といったケースもあります。

このように、傷ついた毛穴から細菌感染し肌荒れが起きると治すために長期間かかります。毛抜き処理は避けましょう。

「埋没毛」となる可能性がある

毛抜き処理をしていて、皮膚のなかで毛が埋もれてしまって出てこなくなった経験はありませんか?これは「埋没毛」と呼ばれている症状で、処理時に皮膚が傷つくことで、カサブタが形成されることにより、毛穴が塞がれ、毛が皮膚表面へ出てこられなくなります

出てこられなくなった毛は、皮膚から出てこようと下から皮膚を突き上げてくるため、毛穴が鳥肌のようにブツブツして見えるのです。このような箇所がたくさんできてしまうと、キレイな肌とはほど遠いですよね?

毛抜きで自己処理を行い、後になって「しまった!」と思われる方が多いです。後悔しないためにも、毛抜き処理はしないようにしましょう。

「色素沈着」ができる可能性がある

電車内でつり革を握った女性が目に入ったとき、脇に黒ずみが見えたことはありませんか?この黒ずみ、実は色素沈着です。どうして紫外線を浴びていない箇所に色素沈着ができるの?と疑問を抱く方もいると思います。

紫外線を浴びると体内にあるメラノサイトという部分が、メラニンを多く生成するため肌にシミを作るということは多くの方がご存知かと思います。このメラニン、働くのは紫外線を受けたときだけではありません。毛抜きによる刺激を受けたときにもメラニンが生成され色素沈着へと繋がります。このような理由から、毛抜き処理はやめておきましょう。

「毛周期サイクル」を乱す可能性がある

これからエステサロンで脱毛を受けようかと考えられている方は、とくに意識して見ておきたい内容です。サロンで光脱毛を受ける場合には、毛周期が重要となってきます。毛は「休止期→成長期→後退期」という一定周期を繰り返しています。

この周期は毛質や部位によって、2ヶ月であったり2年であったりとまちまち。光脱毛は、成長期の毛にしか効果がなく成長期に脱毛施術を終えると、期間を空けて次の成長期に施術をするという流れになります。毛抜きで毛根を傷つけてしまうと、毛の成長をコントロールしている機能が乱れるため、結果的に毛周期が乱れます。

毛周期が乱れてしまうと、光脱毛の効果が得られなくなる、光脱毛の予約を入れた日に毛が生えてこいといったようにマイナスでしかありません。このような理由があるため、毛抜きによる自己処理はやめておきましょう。

まとめ

毛抜きで自己処理をすると、肌に大きく負担がかかるとご理解いただけましたでしょうか。毛抜き以外にもカミソリやシェーバーで自己処理をした場合、少なからず肌への負担がかかります。

肌にかかる負担を少なく、長い目で見てキレイに脱毛したいという方は、エステサロンで光脱毛を受けることをおすすめします。本当にサロンで脱毛を受けて効果があるの?と疑問に思われる方は、お試し体験や無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。最後に、毛抜きによる処理はやめておきましょうね。

投稿者:

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

エステサロンで脱毛を受けて、キレイになりたいと思われている女性の方に有益な情報をお届けします。