脱毛後、とくに意識しておくべきアフターケア

脱毛後、とくに意識しておくべきアフターケア


「剃る」「抜く」といったムダ毛の自己処理をやめて、脱毛サロンへ通う人はどんどん増えています。これから脱毛サロンに通いたいと思われている方、脱毛サロンに通いだしたという方は、こちらで脱毛後のアフターケアについて見ておきませんか?

脱毛後はできるだけ早く保湿を

脱毛施術が終わると、自分が感じている以上に肌が水分不足なり乾燥しています。保湿を行うために、化粧水や保湿クリームを塗ることは必須となるため脱毛施術が終われば、更衣室で着替える前に化粧水や保湿クリームを塗りましょう。

脱毛が終わったところで、エステティシャンがお店のクリームを使い保湿までしてくれるところもあれば、アメニティとして用意されているものをセルフで行うところ、スキンケア用品を一切置いていないといったお店と様々。

仮に店舗にスキンケア用品が置かれていないのであれば、自分で用意をしておくべきです。バッグの中身が増え面倒くさいと感じるかもしれないですが、脱毛後の肌は非常に乾燥しているため、ほったらかしは肌荒れや劣化の原因となります。

メイクは薄めに、クレンジングはしっかり行う

顔の脱毛を行った場合は、いつもよりメイクを薄めにするようにしてください。これは脱毛施術で敏感状態となっている肌・毛穴を刺激しないための配慮です。ファンデーションやチークを顔に付けると大きな刺激となり、肌が荒れる可能性があります。

また、洗顔をするときにはクレンジングを使うこととなりますが、入念に化粧を落とすことを意識して洗ってください。肌のことを考え、脱毛後1週間後くらいはできるだけメイクを薄めにして、クレンジングをしっかり行わなくても良い状態を作りましょう。

スチームを直接当てないようにする

とくに寒くなり乾燥しやすい時期となると加湿器が大活躍します。ですが間違った使い方をすれば、大活躍どころか余計に乾燥を招き、肌を痛めてしまうのです。加湿器を一定の場所に置き使うことは問題ありません。問題なのは、スチームを顔や腕といった身体の一部にあてること。

スチームをあてると保湿できると勘違いをする人は多く、脱毛後にスチームを施術箇所にあてているという人は少なくありません。肌にあたる水分は性質上、蒸発していきます。つまり脱毛後の肌に残しておきたい水分がスチームをあてることによって、奪いとられていくということです。

脱毛後1週間程度は、加湿器を使うのであればとくに乳液や保湿クリームをこまめに塗るなど、肌の水分が飛ばないようにフタをしてあげてください。

就寝時の衣類や枕に気をつける

とくに冬場で、布団に入ると何だかカラダが痒いなと感じた経験がある人は多いはず。乾燥した肌が温まると痒みが出やすくなるため、おかしなことではありません。これを防ぐためにも前述でもお伝えしてきた、クリームなどを使った保湿、さらには就寝時の服装選びが大事となります。

おすすめの生地は化学繊維のものよりも、絹や綿など。絹や綿であれば、寝返りなどをしたときに摩擦をしたとしても、痒みを軽減できます。

また、顔脱毛を行った場合には枕カバーにも気をつける必要があります。肌が敏感である場合、顔に化学繊維をもとに作られた枕カバーが擦れることで、痒みや炎症が起きることがあります。

まとめ

脱毛後に意識しておくべきアフターケアについて説明をしてきました。顔や腕、足や脇など、脱毛を行った場所はどこであれ、まずは保湿を徹底させましょう。脱毛をすると細胞が軽い火傷状態となるため、水分不足が生じます。

水分が足りない乾燥をしたままだとニキビが出やすくなったり、シワができるといったことにも繋がります。脱毛をされた際には、今回の内容を参考にアフターケアを行いましょう。

投稿者:

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

ツルピカ女子脱毛委員会運営事務局

エステサロンで脱毛を受けて、キレイになりたいと思われている女性の方に有益な情報をお届けします。